コハウチワカエデ 単木 樹高 H2000mm 【RCP】 05P03Dec16

コハウチワカエデ 単木 樹高 H2000mm 【RCP】 05P03Dec16

コハウチワカエデ 単木 樹高 H2000mm 【RCP】 05P03Dec16 reviews: 6065

Cheap And Authentic コハウチワカエデ 単木 樹高 H2000mm 【RCP】 05P03Dec16 ,Huge collection for you.

クロチク 株立 樹高 H1800mm 3株 【RCP】05P03Dec16,【1年間枯れ保証】【山野草】アヤメシダ ~cmポット 4本セット 送料無料 【】,ハラックス ロケット 播種・仮植え用穴あけ器 36穴用 6×6 【メーカー直送】【メーカー直送】,グラスファイバー鉢カバー セラプラス60BK ブラック,植木.

2018-04-01

【ガーデニング資材】支柱杭木 1.5m 10個セット 送料無料 【】,植木 , ,,オンラインショッピング is your best choice for all year.,Far more outstanding,インターネット通販 is of authentic guarantee and cheap price.,Hope you have a nice shopping here. ,!オンラインショッピング,コハウチワカエデ 単木 樹高 H2000mm 【RCP】 05P03Dec16.,イーグル爪・ヤンマーサイドドライブ用44本セット(2-138-5N)【耕うん爪・トラクター用】,ヤマホ動噴用噴口アルミズームS120型 NN-ZV-20[噴霧器 噴霧機 動噴 スプレー 農薬 散布機 散布器]











コハウチワカエデ









コハウチワカエデ (カエデ科 カエデ属 落葉小高木)

別名、イタヤメイゲツといいます。
名前の由来は、葉が天狗の羽団扇に見立てられたとも言われています。
園芸の分野では「モミジ」になります。
最終樹高は、7~10m程です。北海道南部~九州での栽培が可能です。








コハウチワカエデ

葉は浅く9~11分裂し縁に深鋸歯があります。


コハウチワカエデ

秋に紅葉し冬には落葉します。






























 


・植付けの適期は、落葉後の12~2月と萌芽前の2~3月です。ポット苗や仮植物は、この限りではありません。

・植付けの場所は、特に選びません。半日陰でも大丈夫ですがきれいな紅葉にするには日照時間が必要です。

・植付けの土質は、水はけの良い肥沃な土地を好みます。

・密に植える場合には、生長した事を考えて1.5~2m程あけて植えて下さい。

・植付けの穴は、根鉢の1.5~2倍の大きさで掘り腐葉土を混ぜて植えて下さい。

・植込みの際、根鉢のビニールポットや黒いバッグは、剥がして下さい。麻布は、根鉢の状況により付けたままでも構いません。

・植込み時に木の向きを決め、不要な枝葉を剪定します。

・穴に水を注ぎながら根株に泥を密着させるように植え付けます。

・植込み時の水遣りは、たっぷりとあげて下さい。


 


・剪定は5~6月上旬または11月下旬~2月上旬に行ってください。

・風通しが悪いと内部の葉が枯れる事がありますので剪定により整えて下さい。

・水やりは根鉢付近が乾燥してからあげてください。乾燥も嫌いますが水を与え過ぎると根腐れを起こすことがあります。

・葉の蒸れを防ぐために枯れた葉はふるい落として下さい。

・葉色を良くするためにも12月と6月に油かすや有機肥料を施してください。6月は追肥なので控えめでいいです。

・害虫・カミキリムシ、ミノムシなどは見つけ次第捕殺してください。アブラムシは新芽に群生することが多いので見つけたら薬剤を散布してください。

・害・うどんこ病は発生した枝を取り除いて焼却し毎年発生する場合には薬剤を散布して予防してください。









 
点線






























コハウチワカエデ









コハウチワカエデ (カエデ科 カエデ属 落葉小高木)

別名、イタヤメイゲツといいます。
名前の由来は、葉が天狗の羽団扇に見立てられたとも言われています。
園芸の分野では「モミジ」になります。
最終樹高は、7~10m程です。北海道南部~九州での栽培が可能です。








コハウチワカエデ

葉は浅く9~11分裂し縁に深鋸歯があります。


コハウチワカエデ

秋に紅葉し冬には落葉します。






























 


・植付けの適期は、落葉後の12~2月と萌芽前の2~3月です。ポット苗や仮植物は、この限りではありません。

・植付けの場所は、特に選びません。半日陰でも大丈夫ですがきれいな紅葉にするには日照時間が必要です。

・植付けの土質は、水はけの良い肥沃な土地を好みます。

・密に植える場合には、生長した事を考えて1.5~2m程あけて植えて下さい。

・植付けの穴は、根鉢の1.5~2倍の大きさで掘り腐葉土を混ぜて植えて下さい。

・植込みの際、根鉢のビニールポットや黒いバッグは、剥がして下さい。麻布は、根鉢の状況により付けたままでも構いません。

・植込み時に木の向きを決め、不要な枝葉を剪定します。

・穴に水を注ぎながら根株に泥を密着させるように植え付けます。

・植込み時の水遣りは、たっぷりとあげて下さい。


 


・剪定は5~6月上旬または11月下旬~2月上旬に行ってください。

・風通しが悪いと内部の葉が枯れる事がありますので剪定により整えて下さい。

・水やりは根鉢付近が乾燥してからあげてください。乾燥も嫌いますが水を与え過ぎると根腐れを起こすことがあります。

・葉の蒸れを防ぐために枯れた葉はふるい落として下さい。

・葉色を良くするためにも12月と6月に油かすや有機肥料を施してください。6月は追肥なので控えめでいいです。

・害虫・カミキリムシ、ミノムシなどは見つけ次第捕殺してください。アブラムシは新芽に群生することが多いので見つけたら薬剤を散布してください。

・害・うどんこ病は発生した枝を取り除いて焼却し毎年発生する場合には薬剤を散布して予防してください。









 
点線