リメイクシート サンゲツ リアテック CONCRETESTONE ロイヤルマーブル

リメイクシート サンゲツ リアテック CONCRETESTONE ロイヤルマーブル

リメイクシート サンゲツ リアテック CONCRETESTONE ロイヤルマーブル reviews: 4759

Vast Selection Of リメイクシート サンゲツ リアテック CONCRETESTONE ロイヤルマーブル Grand sale Opportunity

タカショー TAN-SO01 タウンガード 土壁 1L,ダイノックシート<3M><ダイノック>フィルム 布テキスタイル NU-1795 原反巾 1220mm ×1m,MiSEL 幅1600mm PLAN065 チェリー柄 + ホワイト 大建工業の建具,【送料無料】河村電器カワムラ enステーション 情報機器スペース付 EL5X EL5X 6160-J,その他.

2018-04-04

日本プラスター うま~くヌレール 黄土 18Kg (12UN24),その他 , ,,A first class edition at extremely cheap price.,You can feel free to buy here! ,Just browse our website and enjoy more surprises.,!オンラインショッピング,リメイクシート サンゲツ リアテック CONCRETESTONE ロイヤルマーブル.,京セラ ソリッドエンドミル 4HFSM05017006 1本 【オレンジブック掲載商品】,壁紙・クロスの上に施工可能! スーパーメルシー(パステルイエロー)


製品に関する諸注意

●お客様のパソコン環境により、画面上の色と実際の商品の色は異なる場合がございます。

●同じ品番の商品でも、ご注文が分かれてしまうとロット(商品の生産単位)が異なる可能性があり、微妙な色の違いがある場合がございます。

あらかじめご了承ください。

下記、注意事項がございます。項目をクリックしてご確認ください。


施工環境

●施工する際は施工面だけでなく、床面の清掃も行い、必要に応じて水をまく等、防腐対策を行ってください。リアテックと施工面の間に異物が入ると膨れなどの原因になります。

●必要に応じて照明器具を用意し、明るい環境で施工してください。照明が暗い場合、異物の混入や気泡を見逃す恐れがあります。




施工時の温度・湿度の調整

【最適温度】

●最適な貼り付け温度は20~25度程度です。(最低施工可能温度は12度程度)

●現場でリアテックを保管する場合は、直射日光に当たるのを避け、温度は38度以下で保管してください。

【低温時の対処法】

●低温時は裏面の接着効果が発揮されにくく接着不良になりやすいので施工を延期するか、またはジェットヒーターを段取りするなど現場環境を改善してから施工してください。

●材質や製法上により、低温になりますと硬く、割れやすくなりますので、取り扱いには注意してください。

【高温時の対処法】

●直射日光に照らされた下地面は、極端に粘着が強くなり、貼り付け後の微調整も困難で作業性が悪くなります。この場合は時間帯をずらして、下地が冷めるのを待ってから施工してください。施工後の急激な温度変化は膨れ・目隙の原因となります。

●高温時はフィルムがより柔軟になり、施工しにくくなる場合がありますので、注意してください。

●スチール下地への施工の際は、直射日光が当たる箇所は冬季でも高温になっている場合がありますので注意してください。

【湿度】

●下地に湿気があると貼り付けができません。室内の湿気(多湿)には注意してください。




下地調整

●下地表面の水分やゴミ・油などを完全に除去し、汚れのないよう清掃してください。下地は凹凸がなく平坦で乾燥している状態が必要です。(建築水分計による測定値で含水率8%以下が適当)

●シーラー・パテ処理後、より強い接着をするためにプライマー処理をおすすめします。(専用プライマーはベンリダインNEW RT、リアテックプライマーRP-100、ベンリダインRA)

●コーナー部分には、必ずコーナーテープをご使用ください。

●下地の色がリアテック表面の色に影響を及ぼす場合がありますのでご注意ください。

●ポリエステル系パテを使用する場合には換気、および臭気にご注意ください。

●ベニヤ合板については油分をよく拭き取ってから施工してください。

●ケイ酸カルシウム板、石膏ボード、合板の継ぎ目部分はビスやタッカーで下地を完全に固定してください。貼り付け時にリアテックを圧着する事で下地が動き、パテが割れる場合があります。

●ムク材、集成材、真鍮、銅、鉛下地への施工につきましては、接着不良により膨れが生じることがありますので施工しないでください。

●ガラスに貼る場合は汚れを除去してから直接貼り付けてください。但し直射日光が当たる場合は、粘着剤が劣化したり、ガラスが熱割れを起こす可能性があります。




施工時の注意事項

【貼り作業】

●ロールからリアテックをカットしたり巻き直したりする際は表面に傷がないように養生を行ってください。また表面を直接床面につけると傷がつく恐れがありますので、カットしたものはロール状にして立て、引きずったりしないでください。

●突合せ施工の際は施工後に隙間が生じる恐れがありますので、ジョイント部の下地にはプライマーを2度塗りしてください。またフィルムを重ね切りする際は下地を切らないように注意してください。目隙の原因になります。

【水廻りへの施工について】

●リアテックの表面から水分が浸透することはありませんが、端部や下地からの水分で接着不良を起こす恐れがあります。水廻りで使用する際は端部への防水処理を行い、また金属など耐水性のある下地でご使用ください。

●出隅、入隅部分、また三次曲面での施工についてはプライマー処理を行い、接着強度を高めてください。

●施工後にリアテックの表面に力が加わらないようにしてください。シワが発生する恐れがあります。また施工後にドライヤーなどで暖めて接着力を上げるようにしてください。

●リアテックは製法上、柄・エンボスが合わない場合があります。突きつけ、重ね貼りをする際は事前にご確認ください。




製品に関する諸注意

●お客様のパソコン環境により、画面上の色と実際の商品の色は異なる場合がございます。

●同じ品番の商品でも、ご注文が分かれてしまうとロット(商品の生産単位)が異なる可能性があり、微妙な色の違いがある場合がございます。

あらかじめご了承ください。

下記、注意事項がございます。項目をクリックしてご確認ください。


施工環境

●施工する際は施工面だけでなく、床面の清掃も行い、必要に応じて水をまく等、防腐対策を行ってください。リアテックと施工面の間に異物が入ると膨れなどの原因になります。

●必要に応じて照明器具を用意し、明るい環境で施工してください。照明が暗い場合、異物の混入や気泡を見逃す恐れがあります。




施工時の温度・湿度の調整

【最適温度】

●最適な貼り付け温度は20~25度程度です。(最低施工可能温度は12度程度)

●現場でリアテックを保管する場合は、直射日光に当たるのを避け、温度は38度以下で保管してください。

【低温時の対処法】

●低温時は裏面の接着効果が発揮されにくく接着不良になりやすいので施工を延期するか、またはジェットヒーターを段取りするなど現場環境を改善してから施工してください。

●材質や製法上により、低温になりますと硬く、割れやすくなりますので、取り扱いには注意してください。

【高温時の対処法】

●直射日光に照らされた下地面は、極端に粘着が強くなり、貼り付け後の微調整も困難で作業性が悪くなります。この場合は時間帯をずらして、下地が冷めるのを待ってから施工してください。施工後の急激な温度変化は膨れ・目隙の原因となります。

●高温時はフィルムがより柔軟になり、施工しにくくなる場合がありますので、注意してください。

●スチール下地への施工の際は、直射日光が当たる箇所は冬季でも高温になっている場合がありますので注意してください。

【湿度】

●下地に湿気があると貼り付けができません。室内の湿気(多湿)には注意してください。




下地調整

●下地表面の水分やゴミ・油などを完全に除去し、汚れのないよう清掃してください。下地は凹凸がなく平坦で乾燥している状態が必要です。(建築水分計による測定値で含水率8%以下が適当)

●シーラー・パテ処理後、より強い接着をするためにプライマー処理をおすすめします。(専用プライマーはベンリダインNEW RT、リアテックプライマーRP-100、ベンリダインRA)

●コーナー部分には、必ずコーナーテープをご使用ください。

●下地の色がリアテック表面の色に影響を及ぼす場合がありますのでご注意ください。

●ポリエステル系パテを使用する場合には換気、および臭気にご注意ください。

●ベニヤ合板については油分をよく拭き取ってから施工してください。

●ケイ酸カルシウム板、石膏ボード、合板の継ぎ目部分はビスやタッカーで下地を完全に固定してください。貼り付け時にリアテックを圧着する事で下地が動き、パテが割れる場合があります。

●ムク材、集成材、真鍮、銅、鉛下地への施工につきましては、接着不良により膨れが生じることがありますので施工しないでください。

●ガラスに貼る場合は汚れを除去してから直接貼り付けてください。但し直射日光が当たる場合は、粘着剤が劣化したり、ガラスが熱割れを起こす可能性があります。




施工時の注意事項

【貼り作業】

●ロールからリアテックをカットしたり巻き直したりする際は表面に傷がないように養生を行ってください。また表面を直接床面につけると傷がつく恐れがありますので、カットしたものはロール状にして立て、引きずったりしないでください。

●突合せ施工の際は施工後に隙間が生じる恐れがありますので、ジョイント部の下地にはプライマーを2度塗りしてください。またフィルムを重ね切りする際は下地を切らないように注意してください。目隙の原因になります。

【水廻りへの施工について】

●リアテックの表面から水分が浸透することはありませんが、端部や下地からの水分で接着不良を起こす恐れがあります。水廻りで使用する際は端部への防水処理を行い、また金属など耐水性のある下地でご使用ください。

●出隅、入隅部分、また三次曲面での施工についてはプライマー処理を行い、接着強度を高めてください。

●施工後にリアテックの表面に力が加わらないようにしてください。シワが発生する恐れがあります。また施工後にドライヤーなどで暖めて接着力を上げるようにしてください。

●リアテックは製法上、柄・エンボスが合わない場合があります。突きつけ、重ね貼りをする際は事前にご確認ください。